本文へスキップ

森に集い、森を育て、森で遊び・学ぶ 森会

会の紹介profile

会の紹介

「森を育てる会」は福岡市にある油山自然観察の森の保全活動を通じ、広く緑地保全活動を行う市民の育成、交流を行うことを目的をする市民グループです。

現在私たちは、森を守る作業を通じて自然を感じ、人と語らい、自然について考え、多くのことを学んでいます。会員は小学生〜70歳代までと幅広く、古くからの会員も、会に入ってまだ日の浅い会員も、みんな一緒に楽しく作業を行なっています。

表彰受賞等

2006.2.11:さわやか福祉財団「ワンモアライフ勤労者ボランティア賞」
2010.10.30:財団法人 福岡市森と緑のまちづくり協会「花と緑のまちづくり推進功労賞」
2012.6.2:第23回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰
2011.10.28-29:みんなで学ぼう森林の生物多様性シンポジウム・森林見学ツアーに参加
2012.1.25:国土交通分野における地域の生物多様性保全活動の促進に関する地方セミナーに参加
2013.5.25:第64回福岡県植樹祭「福岡県緑化功労者 福岡県知事賞」
2016.10.15:福岡市緑のまちづくり協会「第14回花と緑のまちづくり賞 最優秀賞」
福岡市緑のまちづくり協会情報誌2016年秋・冬号に掲載されました。)

会のあゆみ

平成4年度から3年間、油山自然観察の森で、福岡市による「カブトムシの森整備事業」という甲虫の誘致林整備が行なわれました。

平成7年、整備事業終了後の維持管理方法の模索と、市民による里山管理の萌芽期という時代の流れから、油山自然観察の森が、クヌギ・コナラ林の保全活動を行なうボランティア募集を行ないました。

これが、「森を育てる会」のはじまりです。その後、会は、(公財)福岡市緑のまちづくり協会並びに油山自然観察センターの支援を受けつつも、ボランティアが中心となった活動をつづけています。

活動内容

〜人が利用することで守られてきた森〜


昭和30年代まで、人は森からの恵みを燃料や食料として利用しながら暮らしていました。

そのため、森を手入れし、大切に守ってきました。実は、この手入れが、森の景観や様々な生きものの暮らしを守ることにつながっていました。

「人」と「森」と「生きもの」が深く関わりながら暮らしていたのです。今、豊かな暮らしと引き換えに、人の暮らしから遠くなってしまった森は、人や生き物を寄せつけなくなってきました。私たちは、昔あったような森を少しでも再現できればと思い、森づくりをおこなっています。

フィールドと活動

1 フィールド

(1)カブトムシの森
 「里山に代表されるクヌギ・コナラの二次林」の自然環境の復元・維持作業

(2)アカマツ林
 放置すれば常緑樹林になっていく「貴重な植物群落・アカマツ林」の保全作業

2 活動
(1)油山自然観察の森の保全活動
  @油山の多様な自然環境、景観を保全する
  A森を育てながら様々な生きもののすみかをつくる
  B生きものの観察、森の恵みの利用を通じて自然に親しむ
  C人と里山とのつながりやあり方を考える

(2)会員同士の親睦を深め山野での作業技能向上を図るための活動

(3)自然観察の森での植生調査、昆虫調査

(4)大学の先生や専門家を講師とした森づくりの勉強会

(5)緑地保全活動を啓発するための活動

(6)「油山自然観察の森」の運営への協力

(7)安全講習会、道具の使い方などを開催

(8)うん・えー会(運営会議)を年4回開催

カブトムシの森の保全

森を育てる会では油山自然観察の森にある「カブトムシの森」で市民の森管理事務所と協力しながら保全作業をおこなっています。

この森での目的は、長期保全計画(会の基本方針)として、「里山に代表される二次林(具体的にはクヌギ・コナラを主とした林)の自然環境を復元する作業を行い、その象徴として、カブトムシなどの甲虫類が生息・観察できるような森づくり」の実現を目指しています。

この計画は、「カブトムシの森」基本計画報告書(福岡市農林水産局林政課・1992年)や「森の将来像つくりワークショッブ2001年」(油山自然観察の森・2002年)などの施設の方針を前提とし、会員で話し合い作成しています。

◆長期保全計画(基本方針)

里山に代表される二次林(具体的にはクヌギ・コナラを主とした林)の自然環境を復元する保全作業を行い、その象徴として、カブトムシなどの甲虫類が生息・観察できるような森づくりを目指す。

◆「カブトムシの森5ヵ年保全計画」(2014〜2018)(10年1月作成、06年、13年に計画を更新)
「カブトムシの森」の現状を踏まえ、一般市民や「自然観察の森」の利用者に自然とのふれあい空間を提供するため、会及び管理事務所が協力し、多様な動植物の生育環境を保全するための持続可能な計画です。

参照 カブトムシの森 5カ年保全計画図

基本理念
「クヌギを主体とした落葉広葉樹の森を育成、維持し(具体的にはクヌギ・コナラを主とした林の自然環境を復元する作業を行う)カブトムシに象徴される昆虫や多様な動植物が生息・観察できるような森づくりを目指す。」

地区計画
A地区:テーマ「クヌギの大径木を育てる」
@クヌギの大径木を育成し、観察木、伐採対象木を選定する。
A明るくなった林床の植生回復促進に向けて、園内の類似した環境地から表土を導入することを検討。
B調査、観察区域の整理。
C観察路の整備(南西角からの入口)と飼育小屋の撤去(管理事務所との調整)

B地区:テーマ「常緑樹を除伐し、明るい森づくり」
@小川の親水性を高めるための除伐を進め、橋、飛び石の設置。
A遊歩道東側のヤブツバキの管理、飼育小屋の撤去、大径木の除伐の推進(管理事務所との調整)
B湿地は現状維持とし、繁茂するイタドリなどを排除するにとどめる。

C地区:テーマ「クヌギの萌芽更新が見られる林」
@萌芽更新の計画的推進と植林・育林(伐採後のギャップにクヌギ・コナラの植林を推進する)
A新入口に伴う進入路の整備。
Bスギ、ケヤキ、クスノキ、ナンキンハゼ、ユリノキといった高木の伐採。(管理事務所との調整)
C明るい森とするための東側斜面の中低木の伐採とヤードの設置。
 この新5ケ年計画の方針やテーマのもとにそれぞれの地区に落とし込み、詳細については、世話役と調整しながら作業を進めていくものとする。

アカマツ林の保全

昔はどこにでも見られたアカマツ林ですが、落ち葉かきや林内に生える常緑樹伐採がされなくなり、全国的に減少しています。

油山のアカマツ林は福岡県のレッドデーターブックに貴重な植物群落として掲載されています。

森を育てる会は放置すれば常緑樹の林になっていく林をアカマツ林として保全するための作業を行っています。

この計画は、「カブトムシの森」基本計画報告書(福岡市農林水産局林政課・1992年)や「森の将来像つくりワークショッブ2001年」(油山自然観察の森・2002年)などの施設の方針を前提とし、会員で話し合い、市民の森管理事務所と調整しながら作成しています。

<長期保全計画(会の基本的な考え方)>
「いつも元気なアカマツ林」として
1 1本1本が元気な木であること
・ おちばかきをする
2 代々続いていく林であること
・実生(芽生えのこと)の発芽
・生育促進のため地かき
・日光を好むアカマツのため周囲の木を除伐する 
3 会員以外の方への開放(広く市民に知ってもらう)
・看板の設置

<2003年度アカマツ林作業計画>
1 シダ刈り
 すでに出ている実生を踏まないように作業をする。

2 常緑樹除伐  
 A地区谷側のルート沿い
  森が明るくなることで花をつけるツツジ科のヤマツツジやシャシャンボなどアカマツ林に特徴的な樹種は残す。

3 落ち葉かき 
 ・9月に1回 
 ・看板の作成 
 ・機会がある場合行う

◆アカマツ林5カ年計画(2014〜2018年)
テーマ「いつも元気なアカマツ林」
サブテーマ:幼木から大径木までの様々な成長段階が見られる森づくり

夢は大きく、マツタケ生える元気なアカマツ林

参照 アカマツ林整備5ケ年計画図

@全域
広葉樹の除伐、下草刈り、地掻きを実施する。これに伴って変貌する下層植生を観察して、必要に応じて保護していく。

A地区別の保全計画
活動エリアを従来のA,B,Cの3地区の区分から、A〜Fまでの6地区に変更する。
A地区
 アカマツ林のシンボルとなる大径木を見せる。
 地掻きを行い元気なアカマツを育成し、入口部の広葉樹、灌木類を除伐して大径木の林が見られるようにする。
B地区
 A地区と同じ、大径木が見られる地区で地掻きを行い、元気なアカマツを育成する。
 南側の広葉樹を除伐して日照を確保し、実生の育つスペースづくりを行う。

C,D,E,F地区
 南斜面は広葉樹の除伐を進めて、アカマツの単林化を図る。併せて、アカマツ林の成育段階の連続性がみられるよう幼木の移植、実生の保護、育成を行います。
 遊歩道沿いの保存樹(観察木)については、今後、再検討する。


安全対策・ボランティア保険

会の安全対策とボランティア保険について紹介します。

詳しくは安全対策参照




会の運営

会の運営、組織構成、油山施設との関係、世話役、役員について紹介します。

詳しくは運営参照


Q&A

会員構成、経験の有無、活動日、フィールドなどよくある質問にお答えします。

詳しくはQ&A参照

会報(森ものがたり)

会では、発足当時から、活動報告、活動予定、調査報告、勉強会報告、情報提供などからなる会報を発行しています。

100号記念号よりホームページで見ることができるようにしました。

会報 森ものがたり バックナンバー(100号以降)

会の発行物

油山自然観察の森 森を育てる会

〒811-1355
福岡市南区大字桧原855−1

油山自然観察センター内

TEL 092-871-2112
FAX 092-801-8661
http://www.morikai.org/